ホーム  :   利用者からの手紙

利用者からの手紙

エルダーズには製品をご利用いただいたお客様から、たくさんのお手紙が届きます。体質が改善されたなどのお話を聞かせていただくと、とてもうれしく思います。 その中から一部をご紹介致します。 本の感想はこちら ≫

N.N 様
滋賀県在住 60代女性

某書店で何気なく手に取った一冊の本、「病院にかからない健康法」。 これが鈴木先生とのご縁につながろうとはその時点では思いもよらない事でした。一気に読み終えました。“目からウロコ”状態でした。同時に一種の爽快感と共に今までの胸の内のもどかしさを払拭する事が出来ました。 膠原病と診断されて30年。人生の約半分をこの病と共に歩んで来た事になります。この間一日たりとも休む事なく、ステロイド剤を飲み続けて来ました。強い副作用も出ましたが、若さの故か家事も育児もこなし、その後約20年間は、体調の波はあったものの何とか普通に生活が出来ておりました。10年程前から合併症である血管炎症状が出るまでは。 それからは、入退院の繰り返しで、ステロイドパルス、エンドキサンパルス、免疫抑制剤服用等々、体にダメージを与える治療(?)が続き、Q.O.L.が極端に落ち、無力感に苛まれる様になりました。そんな中でも、薬のみに頼るのではなく、当所から常時、何らかの代替治療と言われるものを併用しておりました。 サプリメント、食事療法、医療気功、エネルギー療法、針灸、整体等々。自分で勉強し、考え、選抜し、試しの繰り返しで、正直、はっきり体でこれだと感じたものには出会えませんでした。しかし、今ここにこうして生きているのは、そういう事も無駄ではなかったとは思っております。 今年の2月から鈴木先生のご指導のもと、キトサンコンプレックス、セルサポート、セルエナジー、天使のパン、ウルトラグリーンズ、まるごと五穀と、食事改善にも取り組みました。 ある時ふと気が付いたのですが、何だか、体に芯が通った様な日がある事に。「アレッ!私、元気じゃない?」って。 先月も風邪をひいたのですが、いつもと違って長引いたものの、ひどくもならず治癒しました。薬で免疫が落ちているはずなのに、こじらせる事もなく治ってしまったのです。 また2月にはステロイド(プレドニゾロン)20/日を服用しておりましたが、7月には16/日と少しづつですが、順調に減量出来ております。CRPもゼロの状態です。 1gG504と低値ですが、これがどの様に変化するのか、またステロイドがどこまで減量出来るのか楽しみでもあります。出来れば免疫抑制剤(イムラン50/日)も切れれば良いと願っているのですが。。。 体調がよくなれば気分も楽になれます。笑うことも多くなりました。今の私にとって、鈴木先生のサプリメントは体にとってはもちろんの事、心の強い支えでもあるのです。病気と共に歩いた人生ですが、不思議と悔いはないのです。やり残したと思える事は何にも無いのです。これは、病を得たからこそ、可能性に挑戦し続けて来たからこそかなと自分なりに解釈しております。 8年前、ワイキキのホテルの窓から、ダイヤモンドヘッドを眺め、溜め息をついていた自分を思い出しております。病状悪化で、ドクターストップがかかっていたのですが、娘の結婚式でもあったので無理を押して行ったのです。遠くハワイまで。あのお電話を通しての穏やかな鈴木先生を想う時、その光景が映像として重なります。 まだまだ課題は山積しております。 決して神経症状等が取れた訳ではありません。でも人の体は未知の部分が多いものだと思います。可能性は充分あると信じて一日一日を自分らしく精一杯生きていくつもりです。 どうぞ今後共宜しくご指導下さいます様お願い申し上げます。

Y.K 様
(ホノルル在住 86才女性)

「キトサンのおかげで若返る」
昨年、私は八十六才を迎えました。八十五才までは、何一ツ疲れも感じず毎朝一時間、犬と一緒に歩いて居りましたが、それが一年経って四十分に成り、ついこの前は二十分と成って参りました。 それが最近キトサンを戴くように成りましたら、なんと疲れも知らず、老人独特の足の痛みも失せ、再び一時間平気で歩けるように成りました。何年前か忘れてしまいましたが、一時期キトサンを戴いて居りましたが、若さ?からでしょうか、別に気にも止めては居りませんでした。それが今回余りビックリ致しましたので、一筆差し上げました。ありがとう御座いました。 来年のアスパラガスの集会に、参加させて戴こうかとも考えて居ります。 私に似合うトノガタがいられるでしょうか? ナントアツカマシイ!!

S 様

・・・先生の学問の深さに改めて尊敬をし、又、世の中の事も全体的把握がすぐれていて、ますますファンになりました。・・・

Y.K 様
(ハワイ在住・80歳代女性)

「キトサンのおかげで若返る」
私は、フォーエバーヤング、そしてキトサン他にもう一つ毎日服用しておりますが、そのおかげで私は大変楽しく毎日を過ごさせて頂いておりますので、今日は、その自慢話を一筆差し上げます。 私は、一人ポッチの未亡人で、あと一年半で90歳になります。 老婆ですが、こんな年に成りましても年を忘れ、カラオケに行って唄も歌いますし、自分のドレスも縫い、クッキングも大好きです。こんなに楽しい日々を過ごせるのは、神様、そして天に召された主人、そして息子からのプレゼントと想い、朝晩佛様に感謝の気持ちで、手を合わせております。 私一番の楽しみは、毎朝歩くことで、40分、時には1時間、家に帰り着きますと、犬の方が、ハアハアと息をして可哀想になる事もあります。 そしてもう一つ。此の年で、私は大変素敵な男性に片想いですが、恋もしています。 どうぞ、此の老婆をお笑い下さい。ですが、これもみんな、フォーエバーヤング、キトサンのおかげと、お二人に心からお礼を申し上げます。 出来れば、百歳まで,生きようかなぁ?とも考えています。欲張りでしょうか? くだらないお手紙、失礼致しました。どうぞ楽しいクリスマスと共に新しい良いお年をお迎え下さい。乱筆お許しください。

G.L 様
(ハワイ在住・80歳代男性)

「40年の痔出血、下痢、尿泡癒す」
痔が悪化、色々な薬で治したがなかなか治らない。
1974年、痔の手術しましたが、その後痔が再発、痔の出血は一滴一滴じゃない、水道水の様にスースー流れ出す音が聞こえる。 トイレットボールの水は痔血で真っ赤。毎日下痢ネバネバ粘液状、肛門腫瘍、尻痛みの悪症。
小便は、ボールの水に尿泡が一杯。大小便とも3回ボールの水を流さないと痔血尿泡は消えない。恐怖の日々でした。1995年、DR.鈴木夫妻主催のセミナーで、M10-8 S.Sと出会い、飲んでいたら下痢が良くなり、便はバナナの様でボールの水の上に浮く。痔の出血は止まり尿の泡もないし、ボールの水は一回流せば綺麗になりました。
今迄M10-8 S.S 1日6個飲み健康で暮らせるのは、DR.鈴木夫妻のお陰ですので感謝と御礼申し上げます。


K. N 様 福岡県在住 77歳

御高著お送りいただきありがとうございました。
そうだ、そうだ、とうなづきながら読ましていただきました。
製薬会社と政府、厚労省、医師会の癒着も、利権争いも、私なんかが知り得ないマスコミ操作、いつも先生が胸のすくように喝破して下さいます。有難う ございます。
私は基本的には準菜食ですが、生半可な知識で、卵や乳製品もいただいております。
聖書は人間が食べていい食物について, (創世記1章29節)に書かれていますし、又、人が食べていい地上の動物のうちで、汚れたものと、清いものについても注意されています。(レビ記12章2節23節)
何しろ旧約時代の記述ですし、現代の科学ではどんな根拠があるのか知りません。先生はどう思われるでしょうか。

今日本では3月11日の地震、津波につづき原発事故の影響が日本中に及んでいます。
セシュウム汚染された牧草を食べた牛肉が全国に流通し、福岡のデパートですでに消費者に渡っていることがわかりました。買った人は保健所に持参するように、とテレビで報じていました。
何もかも後手々々です。九州も唐津に玄海原発がありますが、九電と地元住民、地元町長兄弟等の癒着、買収が明るみに出ました。

もう日本の東北地方だけの問題ではありません。日本全国のみならず、空気、海流、食品と被爆は世界中に拡散されています。チュルノブイリの被害もロシア、ヨーロッパだけでなく、世界中に拡がっています。
アメリカをはじめ、各国が競って行っている核実験も地球を汚染しています。
オバマ大統領のもとで、又核実験が行われました。此の期に及んで、と驚いています。
私たちの世代は核を、原発を許した責任がありますが、子や孫たちは全く知らぬことですし、責任はありません。それなのに、今後、何年も何十年も内部被爆の不安を、ガンのリスクを背負っていかなければなりません。私達世代は何をしたらいいのでしょうか。

せいぜい元気に長生きして、先生のサプリを飲み続け、先々を見届けたいと思っておりますが。。。

先生はじめ、皆様のご活躍を期待しております。今後ともよろしくお願い致します。