ホーム  :   健康相談の実例

健康相談の実例

ご希望の方には有料にて栄養学上のアドバイスをいたします。
どの製品をどのようにとればよいか、どのような食事上の工夫や改善が必要か、栄養学ドクターが具体的にご指導いたします。ご希望の方はできるだけ詳しい症状と最近3日間の食事内容を書き、病院で受けたことのある血液検査表のコピーをお送りください。

サプリの上手な摂り方 ≫  お問い合わせフォーム ≫

健康相談の実例:日本在住H様

質問1:(H様より)
ある方のブログの紹介でキトサンコンプレックスに興味を持ちました。
私は元々の虚弱体質にストレスと過労が加わり、三年前に動けなくなり療養しています。
肝臓の数値が低いのと、フェリチンは多少改善しましたが、亜鉛不足、甲状腺機能低下症、リーキーガットそして何より酷い慢性疲労でまだ働くレベルまで回復していません。遅延型フードアレルギー、広範囲便検査、有機酸検査、毛髪ミネラル検査は受けました。
まずは腸を改善しようと思うのですが、グルタチオンとアルファリポ酸が良いと読みましたので、両方入っているキトサンコンプレックスを試してみようかと思っています。そこでキトサンコンプレックスの各成分量を教えて頂けますか?
あと、元々のガリガリ体質で舌も全体的に白くプロテインを飲むとさらに真白になり唾液分泌が 凄まじくなるのですが、オススメの消化酵素はありますでしょうか。
最後に、ビタミンCについてですが、今は某社のビタミンCを飲んでいますが、ビタミンCの吸収にはバイオフラボノイドが一緒に入っていないと吸収力が落ちてしまうのでしょうか… それとも合成VCは大丈夫で、天然VCはバイオフラボノイドが必要なのでしょうか…そこがわからないのです。
長々とすみません、どうぞ宜しくお願い致します。

回答:(Dr. ベンジャミン鈴木)
長く慢性疲労でお悩みの体質とのこと、これまでの食生活で原因として何かお心当たりはございませんか?例えば、極端なダイエットとか、偏食とか、インスタント食品の摂りすぎ、外食、etc.
一番の健康は食生活の改善と工夫です。サプリメントはあくまでも補助的なものになります。
しかし、ご自分がフードアレルギー、肝臓機能低下、甲状腺機能低下症、慢性疲労、亜鉛不足とかの症状をお抱えの由、必死にサプリメントで改善する方法をお考えになられているのは賢明なことですし、当然ですね。病院で毒同然の薬を飲むよりましですから。
この12月初旬に健康になる方法の指導書として、日本の幻冬舎からDr.ベンジャミン鈴木が著わしたタイトルで『明日はあるか』が出版されます。日本のどの書店でもご購入できますが、又はこちらにお申込みくださいますとお求めできます。

ご質問に対してここに大体の回答を申し上げます。更に別便でキトサンコンプレックスとビタミンCについて、最高の製品について添付してお送りします。

回答
ヾ竜’縦祺爾砲魯哀襯織船ンがいいでしょう。しかし、キトサンコンプレックスに入っている程度では病気の方には少ないかもしれません。別個に購入された方がいいかもしれません。
⊂嘆醜攸任箸靴討魯Ε襯肇薀戰献┘鵐競ぅ(60) 定価39.95ドルがあります。
フェリチンについてですが、大体改善されているそうですが、低めですか?低めは鉄分不足の貧血症ですが、高めは白血病や、再生不良性貧血、悪性腫瘍の心配があるとされます。異常値ではないかをお伺いしたいのです。
製品としてH様に現在お勧めしたいものは、キトサンコンプレックス、スーパーフーズ(天使のパン)、グルタチオンです。
体質が改善されるまでに半年から1年は掛かります。何よりもお食事を改善されるよう、弊社のホームページ:www.eldersinternational.orgでご研究くださいますように。
ご質問がありましたら、再度メールください。

質問2:(H様より)
私は日本在住の33歳女性です。
慢性疲労とたぶん副腎疲労もあると思いますが、確かに倒れる寸前の食生活はあまり褒められたものではありませんでした。朝は食パン一枚など。あとは今振り返ると使うエネルギーと取り込む栄養の量が全く見合っていなかった気がします。
激務と職場の人間関係で毎日怒り狂っていましたので。。それで大変な機能性低血糖症になったと思います。(子供の頃から炭水化物中心の生活習慣と、大人になってからも空腹になるとだるくなったりはしていました…)
倒れてからは病院をいくつか変え、どこでも不安障害もしくはうつ病と言われましたが、抗うつ薬は絶対に飲みませんでした。たまに抗不安薬は頓服として服用しましたが、基本漢方薬のみで切り抜けました。
あとは不安障害はまだありますので外出前に緊張して過敏性腸症候群が出ます。

キトサンコンプレックスに、さらにグルタチオンですね。了解しました。
毛髪の重金属検査で鉛、水銀が基準値より高く出ていたのと、便中のsIgA抗体がかなり低かった(27.6mg/dl)のでグルタチオンは必須なのでしょうね。
フェリチンは32.6→67.5になりました。低めです。

…勉強不足で変な質問になっていましたら申し訳ありません。
念のため最近の血液検査のデータを添付致します。
どうぞよろしくお願い致します。

回答2:(Dr. ベンジャミン鈴木)
血液検査表を拝見しました。
特にお悪いということはないと判明しましたので、ご安心ください。
数値ばかりを気になさる習慣に陥ったあなたに問題があるように思います。
というのは、ご自分のお体を悪くされて、悩みも深かったでしょうが、怒りの激情が精神的に落ち込ませたばかりか、怒りの激情はどんなにか体に毒を作り出すか計り知れないからです。きっとH様はまだまだお若いし、優秀で人を許せないほど完璧主義かもしれません。でもすべてはもっと大きな宇宙の力から成り立っていて、それに気がつくのはずっと後だと思います。
お体を悪くされるほどお仕事に打ち込んだのは素晴らしいのですが、ご自分の体をもっと労わって上げないと、結果的にご自分の不幸を作るだけです。
サプリメントは弊社もいろいろあって、人さまから喜ばれているのですが、まず何よりもお食事を野菜中心にすること、タンパク質を多くとること、炭水化物は年齢とともに少なくすることをお勧めします。今はお若いので、制限する必要はありません。

ビタミンCは、自然のもの(アセローラ・ローズヒップなど)と、合成のものがあり、どれも問題がそれぞれあります。吸収力の問題よりもほとんど胃酸で壊されるからです。
リポゾーマルビタミンCは腸まで届きますので、最新のビタミンCと言われています。

H様には先ず第一にプロバイオティックの入っている植物性タンパク質の入ったプロテインコンプリートをお勧めしますので、消化酵素などは必要ありません。
お勧めは:キトサンコンプレックスグルタチオン、Liposomal Vitamin C、プロテインコンプリートの4点でしょう。プロテインコンプリートの解説を別便でお送りします。

健康相談の実例:田中様(仮名)

15年来のお客様である、九州にお住まいの田中様(仮名)からファックスが入ったのは2011年6月のことでした。
血液検査表をファックスで送ってこられて、ドクター鈴木にみてもらいたいとのご要望でした。
画像をクリックで拡大出来ます。

ドクター鈴木の分析の結果、貧血があり、免疫力も落ちているとのこと。
5月9日付けで以下の製品をお送りしておりましたのでそれを続けることをお勧めいたしました。

M10-8 DP粉末
M10-8 PA粉末
ウルトラグリーンズ粉末
まるごと五穀粉末

また、赤血球不足もあり、乳がんの既往歴があるので
Methyl B12を一日4錠おとりになるのをお勧めいたしました。